ホーム > スポンサー広告 > テレビ朝日、TBSが自民党に対し番組中のフリップ使用の禁止を通告…民主党の抗議に屈伏か!?ホーム > その他ゲームの話 > テレビ朝日、TBSが自民党に対し番組中のフリップ使用の禁止を通告…民主党の抗議に屈伏か!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ朝日、TBSが自民党に対し番組中のフリップ使用の禁止を通告…民主党の抗議に屈伏か!?

テレビ朝日とTBSが自民党に対し番組出演中のフリップ使用を禁止すると
通告してきたことがわかった。
これまで野党が持ち込むフリップや局側が使うフリップを問題にしたことはないだけに、今回の急な方針展開の裏には、何か特別の思惑があるのではないか。

ことの発端は、7月19日のテレビ朝日「サンデープロジェクト」。
自民党の細田幹事長が、民主党の財源問題や安全保障問題を図式化したフリップを使って、岡田幹事長と激しく討論した経緯がある。
司会の田原総一郎氏も自らフリップを使って、民主党の子ども手当の問題を厳しく追及し、岡田幹事長が答えに窮し激昂するという場面があったのだ。

政策論争を深めるために番組中にフリップを使用するのは効果的で、視聴者の理解も深まりやすい。実際、司会の田原氏は、フリップを使って説明をした細田幹事長に「いつになくわかりやすかった」と評価したこともあるのだ。

今回の選挙においては、民主党の政策は詰めが甘く、肝心な点をあいまいにしているなど問題が多いことから、ひとつひとつ論点を明確にした政策論争をすることこそが、国民のためになるはずだ。そのツールとしてフリップは有効なのである。

しかし、民主党は、政策論争をしたくないようだ。
「政権交代」のスローガンと有権者の関心を買うバラマキ政策だけで、具体的な政策論争を避けたい民主党と、政権交代を側面支援したいと考えるテレビ局側の思惑が一致した形なのではないか。

もし民主党サイドからテレビ局に対してクレームが入り、テレビ局側が民主党の要望を飲む形で、今回のフリップ使用禁止に方針転換したとしたら、大問題である。

こういうことでは、民主党が政権をとったならば、政権とマスメディアの関係はどのようになるのだろうか。言論の自由も、表現の自由も、すべて民主党の都合のままに規制されるということか。それを牽制するジャーナリズムはないということか。彼らが戦前の教訓を生かしきれないとしたら、日本の将来は非常に危ぶまれる。
http://tamtam.livedoor.biz/archives/51214087.html


民主党代表代行 菅直人
「新聞は活字だから本気で読まなきゃ意味がわからないんです、本もそうです活字だから、
テレビは読まなくてポーンと入ってくるんです。だからワイドショー政治と言われるのは、
そりゃ新聞が全部立派だとはいいませんよ。少なくとも読む方に努力がいるということは、
読む人間は必死になって頭を使うんです、ながら族で新聞はなかなか読みません。逆に言
えばテレビという媒体が持ってる特性を大宅壮一はなんていいました?今から40年前に
『一億総白痴化装置』と見事に言い当ててるじゃないですか。」
7:30~
視覚的に訴える手法は今は都合が悪いんですね。
すべては政権交代のため!
マスコミ(´・ω・)人(・ω・`)ご協力本当にありがとうございます。

   産経(・ω・`)ん?


スポンサーサイト
テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

次期総選挙の際、誰を当選させ誰を落選させるべきかを考えるページ

www35.atwiki.jp/kolia/pages/296.html

投稿日 2009/07/26 15:22投稿者名 通りすがり◆-URL URL編集 編集

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック



seo 対策 相互リンク ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。