ホーム > スポンサー広告 > アニメの殿堂について考えるホーム > その他ゲームの話 > アニメの殿堂について考える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメの殿堂について考える

果たしてアニメの殿堂こと「国立メディア芸術総合センター(仮称)」は税金の無駄使いなのか?

ちと長い文ですが興味のある方はどうぞ

アニメやマンガ、ゲームなどメディア芸術全般を収集展示する「国立メディア芸術総合センター(仮称)」をめぐって、議論が持ち上がっている。アニメやマンガは日本が世界に誇るコンテンツ。貴重な原画や資料の保存収集などのために拠点は必要との意見の一方で、具体的な展示内容が不明なことなどから無駄な支出を懸念する声も少なくない。賛否両論の中、同センター整備費117億円を盛り込んだ平成21年度補正予算が成立。国立初のメディア芸術の拠点整備計画が、年度内にも具体的に動き出す。(堀晃和)

「総理がアニメの殿堂、アニメがお好きなことは分かりますけれども、ハコモノにそんなお金を使う必要があるのか。マンガ喫茶の民業圧迫になる」

5月27日の党首討論で、民主党の鳩山由紀夫代表は辛辣(しんらつ)な表現で補正予算をやり玉にあげた。4月の代表質問では「巨大な国営マンガ喫茶」とも揶揄(やゆ)した。市販のマンガを来場者が自由に読めるような印象を与える発言だが、文化庁は「そんな施設にする意図は全くない」と反論する。

8日には自民党内からも不要論が出始めたが、計画の発端は平成19年2月、安倍晋三首相時代の閣議決定。「文化芸術の振興に関する基本的な方針(第2次基本方針)」の「メディア芸術などの新しい文化芸術の国際的な拠点を形成することも検討する必要がある」との提言に沿ったものだ。

10年から始まった「文化庁メディア芸術祭」も背景の一つ。今年2月開催の第12回は、アニメーション部門の大賞作「つみきのいえ」が上映されたほか、デジタル技術を使った芸術作品などが話題を呼び、11日間で約5万5千人を集める人気イベントに成長した。文化庁によると、芸術祭は期間が限定されるため「クリエーターから常設の場が欲しい」との意見が以前からあったという。

「つみきのいえ」は米アカデミー賞を受賞。改めて日本発のアニメの上質さを立証することになった。

文化芸術振興基本法は、メディア芸術を「映画、漫画、アニメーション及びコンピュータその他の電子機器等を利用した芸術」と定義。国はその振興を図ることになっている。アニメ、マンガの施設との印象が先行しているセンターだが、文化庁は「デジタル技術を使ったメディアアートの展示収集も重要な機能の一つ」と力説している。

漫画家間でも温度差 センター設立には、漫画家の間でも温度差がある。
痛烈に批判したのは、石坂啓さんだ。民主党の勉強会で「額縁に入ったマンガの原画を見に来るようなマンガ好きはいない」「苦しい生活をしている人たちを救うためにお金を使うべきだ」と突き放した。一方、里中満智子さんは、この問題を考える懇談会で、「マンガの原画の収集、保存、補修のためにも拠点は必要」と訴えた。

文化庁の構想では、センターは4~5階建てで延べ床面積1万平方メートル程度。展示室やアニメなどの上映ホール、収蔵庫などが設置される。展示・収集・保管に加え、メディア芸術の歴史や動向の調査研究、人材育成などもはかる。東京・お台場が有力候補地の一つで年間目標来場者数は約60万人。年間入場料収入を1億5000万円と見込む。運営は民間に委託し、自己収入でまかなうという。

民主党などが指摘するように「無駄な事業」となるのか。「ジャパン・クール」と世界的に高く評価されるマンガ、アニメなどのメディア芸術の拠点として「内外の人に喜んでもらえる施設」(銭谷真美文科省事務次官)になるのか。文化庁は15人態勢の設立準備室を設置。具体的な展示内容などの検討をはじめる。
“アニメの殿堂”は「無駄」なのか 保存収集の拠点、賛否両論 2009年06月10日産経

石坂啓さん、アニメの殿堂「つまらぬ」 民主会合で酷評
里中美智子 2009年05月22日 (仮)国立メディア芸術総合センター


これを考えるのヒントとなるのが以下の文
少々古い記事で元記事が消えてしまってますが読んでみてください。

千と千尋も貢献 米の日本製アニメ市場 鉄鋼製品の4倍 
・米国での日本製アニメーション関連ビジネスの市場規模は02年に43億5911万ドル (約5200億円)で、日本から米国への鉄鋼輸出額の4倍――。
日本貿易振興会(ジェトロ)が、そんな調査をまとめた。「千と千尋の神隠し」が アカデミー賞を獲得するなど、今後も日本アニメの「市場拡大」が続きそうだ。

市場規模の内訳は、ぬいぐるみやゲームといったキャラクター商品のライセンス料収入
(テレビの放映権料を含む)が39億3700万ドル▽ビデオやDVDソフトの売り上げが 4億1400万ドル▽映画の興行収入が811万ドル。

関連市場も広がり、日本のアニメにちなんだファン主催のイベントが02年には18回 開かれ、参加者数は10万人を突破。参加料総額だけで354万9千ドルに達したという。

ジェトロ産業情報課は「米国での日本アニメの放送は90年代前半は13作品だったが、 00年代に入り新たに40作品以上が放送された。今後も市場が伸びるのは 間違いない」とみる。

政府の知的財産戦略本部も今月、映画など「コンテンツ産業」の海外進出支援を 盛り込んだ知的財産推進計画を決定。特に国際競争力のあるアニメが注目されている。
2003年7月20日 asahi.com


ここからはアニメに特化してお話します。
ジャパニメーションは世界中で人気が高いのはご存知だと思います。
この数字はアメリカでの貿易額ですから他の国々との貿易額を入れると市場規模はとても大きいことは容易に想像がつきますね。

最近ではこのアニメ、漫画などを中心したビジネスモデルは儲かると韓国や中国でも自国のアニメ産業に力を入れているのが現状です。
米国Kids' WB 日本アニメ消え韓国制作作品増加
中国「海外アニメ、ゴールデンタイム時の放送禁止」について
TAF 中国ブース 初の国家規模の出展で勢いみせる

つまり儲かるんですよ!アニメは!!

さらに言うなら
中国でゴールデンタイムでの日本アニメ締め出しおこなったのを憶えていますか?
つまり儲かる上に合法的に文化侵略ができるんです、よく言われるようにアニメ好きは親日家になるってヤツです。暴動をおこしても漫画喫茶は破壊しないって感じにw

日本の輸出の主役は、鉄鋼から自動車に変わってはや数十年、アメリカのように第三次産業や金融など、世界で勝負できる産業が育っていないんですよ・・・

でも、たかがアニメでしょ

そう、あなたが子供の頃に夢中になったアニメや漫画です
忘れてしまったのですか?あんなに好きだったのに

たかがアニメかって思っているのは、アニメがサブカルチャーであって知識人の読むものではないと思っているんでしょう、つまり文化レベルが低いと思われてる。

では、そのサブカルチャーをカルチャーのレベルに引き上げればいい
そして質の高いアニメを作り、海外に売る!
「国立メディア芸術総合センター(仮称)」にはそういう戦略があるのではないかと思うんですよオイラは。

ハコ物を作ってもアニメーターの給料は変わらないよ(´;ω;`)
って反対してる方はよく考えてみましょう。

アニメは低文化のものって考えれば
ドラマや映画のように予算が出せない、製作会社が低い製作料しかもらえなければ末端のアニメーター必然的に安い給料になるってことですよ。じゃ逆に高い文化性があるとしたら・・・

芸実家としての漫画家をもっとバックアップしてあげないと若手は育たないって?
そうりゃそうですね、いいソフトががなければバードがあってもしかたない。
でもそれは今回の話と違うレベルの話「国立メディア芸術総合センター(仮称)」はあくまで世界的にブランド力を確立するためのものと考えるべきだと思います。
オイラは漫画家ではないので苦しい生活は想像するしかできませんが、それは今も昔も一緒じゃないかと思うんですよ。とは言え漫画家やアニメーターで食っていけるように少しは考えてあげてもらいたいです。技術の流出は避けたいですしね。

今回の「国立メディア芸術総合センター(仮称)」は、そういう流れを変えるきっかけかもしれないって微かな希望があると思うのはオイラだけでしょうか。

明日、明後日のことだけ見て考えてたら本質は見えてこない
昔、輸出用の陶器を包んでいた浮世絵は、今では美術館に・・・なんてこともあるしね。

「国立メディア芸術総合センター(仮称)」には深い意味があってもらいたいとこです。

スポンサーサイト
テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック



seo 対策 相互リンク ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。