ホーム > スポンサー広告 > ゲーム業界の年収は平均より約89万円高い518万4995円!一方デバッガーは・・・ホーム > その他ゲーム関連のニュース > ゲーム業界の年収は平均より約89万円高い518万4995円!一方デバッガーは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム業界の年収は平均より約89万円高い518万4995円!一方デバッガーは・・・



日本のゲーム開発者の就労実態を初めて本格的に調査したようです。



ゲーム開発者の平均年収、既婚率は 初の実態調査


財団法人デジタルコンテンツ協会が、「デジタルコンテンツ制作の先端技術応用に関する調査研究委員会報告書」の平成21年度版を3月中に発表する。今回の報告書には、日本のゲーム開発者の就労実態を初めて本格的に調査した「ゲーム開発者の就労意識とキャリア形成の課題」という研究が盛り込まれた。藤原正仁氏(東京大学大学院情報学環研究員)がまとめたデータから見えてくる日本のゲーム開発者の実像とは。(新清士のゲームスクランブル)


■平均年収は518万4995円

調査によると、
日本のゲーム開発者の平均像は、年齢33.79歳、年収518万4995円、勤続年数6.59年。

これを国税庁の「平成20年分民間給与実態統計調査」と比較すると、
ゲーム業界の年収は平均(約429万円)より約89万円高く、年齢も約11歳若い。
一方で、平均勤続年数は約5年短くなっている。

職種別の年収では、
プロデューサーが最も高く692万5000円。
ディレクターが563万6279円
サウンドが559万625円
ネットワークエンジニアが522万5000円
プログラマーが464万1390円
グラフィッカーが423万8588円
プランナーが409万6340円
デバッカーが258万3333円
という順になっている。



デバッガー(デバッカー)
テストプレイして、不具合(バグ)を見つけたり、ゲームのバランスを調整したりする仕事です。


http://it.nikkei.co.jp/digital/news/index.aspx?n=MMITew000019032010



日米の職種別給与比較




やぱりデバッカーの258万3333円の安さが目立ちますね
アメリカでは品質管理にデバッカーなどを含まれているようで2万7894ドル
日本円で約250万円どこの世界もデバッガーの厳しさはかわりませんね。。。



スポンサーサイト
テーマ:ゲームニュース - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック



seo 対策 相互リンク ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。